ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

すてきなダンス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ニューヨークに行ってくれたらベッドをともにしてもいいわ」セラピストのレニーの口からとんでもない言葉が飛び出した。目の前の男トリップがにやりとしてうなずく。“いくら彼を飛行機に乗せるためとはいえ、わたし、どうかしているわ!”ニューヨークで3人のミステリー作家を集めて、新作本の販売促進を兼ね、彼らの推理力コンテストが開かれる。宝探しの形式で、手がかりを追つて3人が全米を飛び回るという。しかし、そのひとりトリップは飛行恐怖症のため参加を拒んでいた。そこで、彼の共同執筆者がレニーに依頼してきたのだ。トリップを飛行機に乗せて連れてきてくれたら400ドル支払う、と。いやがる彼を大胆な取り引きでなんとか連れていったものの、その約束を実行しなければならない夜が近づいてくるし、おまけに例の謎解き旅行にも一緒に行くはめになってしまい…。

狙われたダイヤ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“都会にあこがれるただの田舎娘じゃないぞ”自信と力強さに満ちたジェニーを見てグラハムはそう直感した。「きみはなぜボディーガードになろうと思ったんだい?」「父の牧場を継いで結婚して家庭を持つだけでは満足できません。外の世界で自分の力を試してみたい、刺激的な仕事がしたいんです」彼女はボディーガード養成学校を優秀な成績で卒業したばかりで、重要書類や宝石などを運ぶクーリエを護衛する仕事を求めていた。スリルはあるが、それだけ命の危険を伴う仕事だ。「覚悟はできています。わたしにチャンスをください」“まさにボディーガードにはうってつけの人物だ”自分自身クーリエで冒険好きなグラハムは即座に決断した。ニューヨークには大仕事が待ち受けているのだ。彼女と一緒に仕事をすることになると思うと、彼はわくわくした。

虚飾の街のナイト―バロン家の恋物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ニューヨークの腕きき弁護士グレイ・バロンは、真夜中、けたたましい電話のベルに起こされた。聞こえてきたのは伯父ジョナス・バロンの威圧的な声だった。頼みごとがあるから“エスパーダ”に来いという。仕方なく故郷テキサスの地を踏んだグレイに、ジョナスは神妙な顔で打ち明けた。「亡き旧友の孫娘を、おまえに捜しだしてもらいたい」罪滅ぼしのためだというジョナスの言葉に好奇心を抑えきれず、グレイは私立探偵に調査を依頼する。その結果、彼女は夫の虐待から逃れ、ラスベガスに隠れ住んでいることが判明した。勇んで虚飾の街に乗りこんだ日、グレイは赤毛の美女と出会う。それが彼の悪夢にも似た恋の始まりだった。

Book Description
The stakes are too high! Attorney Gray Baron has come to Las Vegas on a mission to find a woman -- Dawn Lincoln Kittredge -- the long-lost grandchild of his uncle Jonas Baron. But single mom Dawn is not about to make it easy for him. On the run from an abusive ex-husband, she is understandably wary of strangers. Even gorgeous, sexy ones like Gray. But mutual suspicion doesn't stop an undeniable passion from igniting between them. If only they could risk telling each other the truth! Gray, that he came to Vegas just to investigate Dawn. And Dawn, that she and her child are in danger -- and desperately need his help.
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

花嫁はドクターの娘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ハイスクールの卒業パーティの夜は、二人の特別な思い出だ。ドクターの一人娘ヴァージニアは、ルーカスと一緒だった。インディアンの混血で下層の出のルーカスと出かけたことで、上流階級気取りのヴァージニアの両親は激怒した。彼女はすぐさま大陸の反対側にある大学に入れられてしまった。あれから十二年。何もかもが大きく変わった。今やルーカスは町でもっとも裕福な弁護士となり、人々の尊敬を一身に集め、ドクターも認める町の中心人物だ。そこに、ヴァージニアが帰ってきた―父親の名を誰も知らない小さな息子を連れて。ルーカスは今もヴァージニアを愛していた。彼女の秘密も過去も全部受け入れて結婚したいと願うのだが…。

美しき逃亡者 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「こんにちは、ぼくはギャレット。この山荘の家主の孫です」クラーク・ケントに似た温厚そうな男性にレイシーはほっとした。“よかった。警察じゃなかったのね”レイシーが人目を忍ぶ逃亡生活を始めて半年ほどになる。夫の暴力に耐えかねて婚家を出た彼女は娘の親権も奪われ、思いあまって娘を連れ出してしまったのだ。各地を転々としてやっとここシアトルに住みついたばかりだ。今はどんな人ともかかわり合うのは怖かった。だが事情を知らない大学教授ギャレットは率直に好意を示してきた。そして数日後、初めてのデートでふたりはキスを交わしてしまう。「また会ってくれるね?」「いいえ。わたしは別れた夫を愛しています」心にもない嘘をついてしまったレイシーの胸は痛んだ。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

DNAの迷宮 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フェイスの妹レイシーが、双子を産んだあと亡くなった。その親権をめぐり、いま裁判が行われている。臨終の妹から直接親権を託されたフェイスはもちろん、レイシーの別れた夫マイケルと、束の間の交際相手キップが、三者三様に双子は自分のものだと主張して譲らない。結論はDNA鑑定の結果を待つこととなった。ところが驚いたことに、双子の父親は一人ではなく、マイケルもキップもそれぞれに父親だと判明した。誰が父親だろうと、双子は引き離せないわ。決意を固めるフェイスに、マイケルが提案した―裁判を有利に運ぶために、便宜的に結婚しよう、と。ひそかにマイケルを慕っていたフェイスの心は激しく揺れた。スーパーロマンスの人気作家によるミニシリーズTwins。双子という不思議な絆に結ばれるきょうだいをテーマにした興味深い物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォックス,ロズ・デニー
カレッジの旅行科専攻で、旅行業のスペシャリストとしてキャリアをスタートさせた。同時に執筆活動も始め、1980年代から短編小説を書きだした。結婚、子育てが一段落したのち、本格的にロマンス小説の執筆にかかり、1992年にはRITA賞の最終候補作に残る。ハーレクイン・イマージュ・シリーズではロズ・デニーという名で活躍し、スーパーロマンスではロズ・D・フォックスとして創作を続けている。長年連れ添った夫とアリゾナ州南東部のツーソンに住み、最近では孫も増えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

狙われた瞳 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
特ダネを追ってきてこんな殺人現場を目撃してしまうなんて!こっそり逃げ出すのよ。用心して…あと少し…。そのとき、男が振り向いた。ライアン・カークランドは5年前の事件のとき高所から転落、重傷を負ったうえ、頭を打って失明してしまった。現在は新聞記者から推理作家に転身、なかなかの売れっ子ぶりだが、目の見えないハンデから男性にたいして臆病になっている。そんな彼女に近づいた、気らくな独身主義の私立探偵ヒュー。ひと夏の恋の予定だったのが、だんだん本気になっていく。ライアンもまた、魅力的な声をしたヒューに思いがけず恋をした。ある日、彼女の目は治る見込みがあるとわかる。事件の唯一の目撃者であるライアンの身が危ない!ヒューは全力をあげて犯人一味から彼女を守ることを決意した。

ライラック・タイム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
9年前、サラは17歳で妊娠し、やむなく子供を手放した。失意の日々を送りながらも今は小児科の看護婦として働いている。だが、子供のことをあきらめたわけではなかった。なんとか手がかりを探そうと、彼女はマキナク島を訪れ、そこでタイラーとその息子デイビッドに出会う。“謎めいた男だわ”エンジニアのタイラーに、サラはそんな第一印象を抱いた。それに、デイビッドに対する態度がぎこちないのが妙に気になる。実は、タイラーは自分が運転していた車の事故で妻を亡くし、過失致死罪で9カ月服役していたのだ。悲しい過去を背負って生きる彼らに、サラはなぜか惹かれていく。特に、別れた息子と同い年のデイビッドは心を和ませてくれたが、ある日、タイラーは意外なことを打ち明けた。

おお、ジョージア (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一度結婚に失敗するとこうも臆病になってしまうものだろうか。クレオはひと夏を過ごしにやってきたスワニー川の岸にたたずみ、フレッチャーに心ひかれる自分に逆らうもうひとりの自分を悲しくももてあましていた。いまも、せっかくのデートを寸前ですっぽかしたのを謝るつもりが大げんかになってしまった。私生児だった彼女は祖母に男女の愛は罪だと教えられ、さらに離婚してから男性恐怖症にとりつかれている。“生き方はもうそんなに簡単に変えられるはずがないのだから、いつまでもフレッチャーに思いを寄せていてもしかたがないわ”そこへいつのまにか姿を現した彼が、クレオをじっと見つめて言った。

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]
[ロマンスの蝶番] [詩集集]

ooo観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo お笑いタレントooo リネージュIIクロニクル4ooo 美容.コレクションooo パソコン.コレクションooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo AV・カメラ・PCooo Fight!格闘技オタク!ooo 板橋LOVEooo 千葉県の民俗・風俗ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo よい街、品川ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo AV機器ooo 天国的お魚の道@千葉ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 夏はプールだ千葉特集ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo