ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

水曜日の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚観―独身主義。恋愛はするが、せいぜい六、七カ月まで。性格―社交的。ただし、幼いころに父親を亡くし、母の再婚で一度にふたりの義妹ができたときの後遺症で、子供に対して異常に恐怖心が強い。これがクリニックを開業するカイロプラクター、ネイト像だ。この自他共に認めるレディー・キラー、ネイトが恋におちた。お相手は毎週水曜日、午後三時二十五分になると、サファリジャケットに身を包み、まっすぐな髪をなびかせながらクリニックのあるビルに現れる、マデリン・スコット嬢だ。とある雨の日、ネイトは偶然を装ってマディを車で送ることに成功した。「動物園の飼育係をしているの。動物が好きなのよ」得意の話術で話がはずみ、おまけにお互い古い映画好きで意気投合。ところが彼女の家にはふたりの子供と男がいた。義兄とその子供たちと、ひとつ屋根の下で暮らしているらしい。やっかいなことになったと思いつつも、ファイトを燃やすネイトだった。

危険な火遊び (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「デニーは健康で正常な子供です」放火癖のある青少年のための教育を進めている消防士ジェブに、リザはきっぱりと言った。昼間はピアノの調律師、夜はナイトクラブでピアノを弾くリザは、私生児の5歳の息子とふたり、両親とも絶縁状態で暮らしている。忙しくてなかなか息子をかまってやれない毎日だ。父親のいない家庭のハンデも痛いほど感じている。「息子がぼやを起こしたのは事実です。でも単なる好奇心からだわ。父親のいる子にだってあり得ることでしょう?」だが、家庭環境に問題の原因があると見たらしいジェブは、それ以来なにかとリザの生活に立ち入ってきた。小さなデニーも彼を気に入ったらしく、しだいになついていく。彼がハンサムで誠実で気さくな人なのは認めるわ。でも…。恋もなにもかも犠牲にして築いてきた生活を乱されたくない。リザは自分の心の中でうごめく欲望の力を恐れた。

日だまりを歩けば (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“テレビで見るよりずつとすてきだわ”天気予報キャスターのローレンは初めて会ったサムに胸が高鳴った。彼は彼女が所属するテレビ局と熾烈な視聴率争いをしているライバル局の看板天気予報キャスターだ。サムには独特の魅力があって、ここミネアポリスのツインシティズでは抜群の人気がある。ローレンは毎日ビデオで彼の番組を見て研究しながらも、いつの間にか視聴者と同じくサム自身に見とれてしまう始末だった。2年前に妻を亡くし3人の子供がいる彼も同じ思いだったらしく、ふたりは急接近していく。だが、愛が深まるとともにローレンの心は沈んでいった。彼女にはどうしてもよい母親になれないわけがあった。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

海が変わる日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日突然エリエルの前にひとりの男が現れた。海辺の町には不釣り合いのスーツに身を包んで。父が亡くなって以来新しい仕事、新しい恋に向かって自分の人生を再出発させなければならないとたえず思ってきた。会った瞬間、彼女は反感と同時に新たな愛の予感にふるえた。男の名はザカリー・ドレーク。大出版社の副社長だ。ドレークから彼の会社の社長エレノアがじつはエリエルの祖母だと聞かされる。二十七年間いることすら知らなかったその祖母がぜひ自分に会いたいと言っているという。しかし、それだけではなかった。「きみのおばあさんは、本当はきみの父親の婚約者だったのだ…」エリエルは信じらない思いのまま彼といっしょに旅立つことにした。

愛が見えなくて―シェルター・バリー物語〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベッカとウィルは子どもにこそ恵まれなかったが、長いこと、絵に描いたような幸せな結婚生活を送ってきた。だが、あんなに待ちわびていたはずの妊娠が確認されたとき、ベッカは大きなショックと不安に揺れることになった。すっかり諦めていた出産に対処する自信がまったくない。もう若くなく、リスクを負っての出産は危険だと医師は言う。それを正直に夫に告げると、ウィルはまるで見知らぬ女を見るような目で彼女を見た。彼にしてみれば、子どもは二人の長いあいだの念願だったのだ。出産を迷う妻など、どうしても理解できない。その日から、なんの疑問もなかった結婚生活が急に崩れ始める。結局のところ、二人とも、相手のことが何もわかっていなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作に期待が集まっている。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

いつもきみを見ていた (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼いころからずっと孤独だったマリーは、かつて、指導教官のピートに愛を告白したがすげなく拒絶された。彼女は今製薬会社の研究者で、社長ジェドの婚約者でもある。マリーにある日、とんでもない極秘情報がもたらされた。彼女が最近開発した特殊なウイルスの解毒剤を、ジェドが犯罪組織のボスに横流しした疑いがあるという。婚約者の無実を確信したくて、彼女は十年ぶりにピートに連絡した。ジェドと仕事上でつき合いがあったピートなら、彼を助けてくれる。だが再会の日、マリーはピートに会ったことを心底悔やんだ。婚約者にも抱いたことのない熱い思いが激しく甦るのに気づいたのだ。

デザイン戦争 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ついに契約争奪戦の火ぶたが切って落とされた。闘うはメアリー・ネルvsキャル・スチュアート。ともに工業デザイナーで、それぞれデザイン会社を経営するふたりが、自分のデザインした商品を野外テストで競うのだ。全米きってのレジャー用品製造会社のこのデザイン契約がとれれば、多額の報酬が入り、ビジネスも軌道に乗せられる。負けるものかと意気込むメアリー・ネルとキャル。ところが、その野外テストは互いにミスをして引き分けた。おまけに意地っぱりなふたりのおかしな駆け引きが、それぞれの心の中に思いがけない感情を芽生えさせたようす。いけない、いけない、相手はライバル。自分を見失っては負けだ。やがて二回目の商品コンテストに臨むことになったふたり。恋と仕事をかけた第二ラウンドが始まった。

内容(「MARC」データベースより)
工業デザイナーとして、それぞれデザイン会社を経営するメアリーとキャル。全米きってのレジャー用品製造会社のデザイン契約を巡り意気込む二人だが、野外テストは引き分け、2回目の商品コンテストに臨むことに…。恋と仕事をかけた第2ラウンドが始まる。

狙われた瞳 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
特ダネを追ってきてこんな殺人現場を目撃してしまうなんて!こっそり逃げ出すのよ。用心して…あと少し…。そのとき、男が振り向いた。ライアン・カークランドは5年前の事件のとき高所から転落、重傷を負ったうえ、頭を打って失明してしまった。現在は新聞記者から推理作家に転身、なかなかの売れっ子ぶりだが、目の見えないハンデから男性にたいして臆病になっている。そんな彼女に近づいた、気らくな独身主義の私立探偵ヒュー。ひと夏の恋の予定だったのが、だんだん本気になっていく。ライアンもまた、魅力的な声をしたヒューに思いがけず恋をした。ある日、彼女の目は治る見込みがあるとわかる。事件の唯一の目撃者であるライアンの身が危ない!ヒューは全力をあげて犯人一味から彼女を守ることを決意した。

幻のアリシア (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大学で美術史を専攻しているアリソンは指導教授の命を受けて、幻の名画《アリシア》を所蔵しているといわれるオーマリ家に、身分を偽り足のわるいオーマリ夫人の付添いとして住み込んだ。本物の《アリシア》がみつかれば美術界を揺るがす大事件になる。しかしアリソンに絵を見るチャンスはなかなか訪れなかった。そのうちに夫人の息子タイはアリソンの行動に不審を抱いて、絵をクリーニングに出すと称しどこかへ持ち出してしまう。タイは絵のことを除いてはアリソンに熱いまなざしを向けつづけた。だが、最愛の妻を事故で失うという過去をもつタイに、いくら積極的な態度を示されてもアリソンには、自分が彼の亡き妻の身代わりにされているような気がしてならない。そんなある日、突然《アリシア》が戻ってきた…。

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

oooデジモク-DIGIMOKU-ooo 寿司喰いねぇ~!ooo シブヤをよく知る為のサイトooo よい街、品川ooo 千葉のちょっといい景色ooo 千葉スポーツ施設MAPooo 文の京!文京区!ooo 板橋LOVEooo 中野区居住化計画ooo 千葉鰻ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo 千葉の醤油ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo ~品川の街~ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 渋谷ぶらりooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 山手線エリアのパスタooo