ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

やさしい狼 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
渾身の力をこめてリーラは男の横っ面を引っぱたいた。「出ていって。二度とわたしの前に現れないで!」「あとで後悔するなよ」そう捨て台詞を吐いて男が出ていこうとしたところへ、ちょうどウィンがやってきた。ヘルスクラブのインストラクター、リーラとジャーナリスト、ウィン。ふたりはウィンがクラブに取材しに来て以来のつきあいだ。「あの男、このあいだのパーティーのときもきみを困らせていたね」「つまらないことよ。忘れましょう」「いや。きみは十年前、写真家のあの男に発掘されてモデルになった。彼専属のモデルで同棲もしていた。そして売れだしたとたん、きみは突然ニョーヨークから姿を消した。なぜなんだい?」「どうして…どうしてそんなことまで知っているの?調べたのね!」「きみを愛しているから…いったいあいつとなにがあったんだ?」“さんざん利用されて、やせるために多食嘔吐症にまでなったのよ”でも、リーラは言えなかった。過去はあまりにもみじめすぎる…。

どんなときもそばに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
莫大な借金に追われているところに、失業!自分の人生が、もう手に負えなくなって…。ゴージャスなことの大好きな恋人ウイル・ホルワース三世と贅沢三昧の二年を送ったあとフィービーは、ウイルが支払いは全部彼女のカードに任せて、逃げていったことを知った。母から無理を言われるたびに送金もしているので、フィービーが持つ四十三枚のクレジットカードは、大借金まみれ。シリコンバレーにある豪奢なコンドミニアムも売却するしかない。売れるまでのつなぎに賃貸に出そうと決め、通勤に四時間もかかる酪農場に貸間も見つけた。だが、贅沢の味を知ったフィービーは買い物依存症で、もう払えないのに、美しい物を買うことはやめられない。そんなときに、なんと失業!踏んだりけったりの彼女の前に、厳しく叱りつける人物が現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フロイド,スーザン
本名スーザン・キモト。ロマンス小説家としてはめずらしい日系アメリカ人。カリフォルニア州ロスバノスの生まれ。1997年から本格的に執筆を始め、2000年スーパーロマンスから作家デビューした。カリフォルニア大学サンタクルス校他で長年教鞭をとっている。大切な家族の一員である犬ライリーをセラピードッグにするために、もっか訓練中。趣味はガーデニング、クロスステッチなど。カリフォルニアに愛する夫とライリーと住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

いつか愛した人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
子供向けの本を書いているアニー・ペンドルトンは、優秀な小児科医にしてすご腕のアマチュア・マジシャン、デイビッド・ロズウェルにインタビューを申し込んだ。が、その帰りがけ、首から背中にかけて激痛が走り、倒れてしまう。ああ、またいつものあの痛みだわ…。アニーは子供のころからしばしばその痛みの発作に襲われていた。わらにもすがる思いで、催眠術療法にかかり始めたところ、予想もしなかった結果があらわれ、アニーはがくぜんとする。彼女はかつて、第一次大戦下のフランスの農村に生きた、夫も子供もあるベルナデットという女性だったというのだ。だが、ひとりのアメリカ人軍医との出会いが悲劇を呼んだらしい。デイビッドはナンセンスだと言って頭から信じてくれない。でも、この痛みの秘密はきっとそこに…。

内容(「MARC」データベースより)
原因不明の発作を治療するため、催眠術療法にかかり始めたところ、予想もしなかった結果があらわれ、アニーはがくぜんとする。彼女はかつて、第一次大戦下のフランス農村に生きた、夫も子供もあるベルナデットという女性だったのだ。

サバンナは呼ぶ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケニヤ。十四歳までを過ごし、こよなく愛した地。そして大きな悲しみをかかえて去ることになった、今では思い出したくないわたしの故郷―。ケイトと四つ年上のアレックスとは、ケニヤでのびのびと育った。ふたりの父親どうしも仲が良く、ともに野生動物に生態を研究していた。思春期を迎え、互いに新たな感情を抱きはじめたふたりを、ある日突然、悲報が襲う。ふたりの父親が、野生動物に無惨な殺され方をしてしまったのだ。しあわせの大地は、悲しみの地に変わってしまった。ケイトはケニヤを去り、アメリカにもどった。あれから十三年。今また運命が、彼女をケニヤへ、そしてアレックスのもとへ引きもどそうとしている…。

夕日を見つめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あのニール・グラントに会えるんだわ”海洋生物学者リルは胸を躍らせていた。今、コーラル・キー海洋研究所では、小型潜水艇で深海調査を行う画期的な計画がすすめられている。だが、その操縦士としてやってくるニールには暗い過去があった。3年前自ら操縦する潜水艇で3人の乗組員を死なせてしまったのだ。そのために研究所内での彼への風当たりも強かった。“でも、あの事故は彼の責任ではないわ”事故調査委員会に参加したリルはそう確信していたし、腕の立つ優秀な操縦士としてニールを迎えるつもりでいた。ところが、なぜか彼は冷たい目でリルを一瞥しただけだった。これから一緒に仕事をするというのに、こんな態度をとるなんて。期待を裏切られたようでリルは先行きが不安になった。

ケイト・解かれた謎―リバーベンドの遺産〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
書店の店長を務めるケイトは、幼い娘たちの命の恩人を家に泊め、怪我したその男性の世話をするうち、ハンサムな彼にすっかり夢中になってしまった。しかし、ふとしたことから、ジェイ・ローレンスと名乗る彼は長いあいだ行方不明だったジェイコブ・スティールだと判明した。実は、彼こそ、リバーベンドの遺産を遺したエイブラハムの息子、父親の葬儀にも現れず、人々の愛を裏切り続けた張本人だった。書店と屋敷を相続して売り払うため、今、身を偽って現れたのだ。ケイトを死んだ父の年若い愛人と疑い、ケイトから何もかもを奪うために…。いったい、十五年前、父親とのあいだに何があって失踪したの?そして、エイブラハムの遺言にひそむ謎とは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シェイ,キャスリン
ニューヨーク州コーニングの生まれ。幼いころから書くことが好きで、15歳のときには物語を書きはじめた。ニューヨーク州北部の小さなカトリック系女子大に進んでからも創作は続けたが、教育実習をして教師という天職に出会った。現在もハイスクールの教師を続け、カレッジの講師もしていて、結婚後の子育ての時期も教職と創作活動はとだえたことがない。1994年スーパーロマンスから作家デビューした。ニューヨーク州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

リン・聖なる結婚―リバーベンドの遺産〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トム・ベインズは世界中で活躍したジャーナリストだった。相棒のカメラマンを苛酷な事故で失ったあと、自分の人生の何もかもが失敗だったという思いにとらわれ、子供時代の思い出深いリバーベンドに戻ってきた。ジャーナリストとしての名声とひきかえに、大切な家族も失った。そんなトムが、これまで会ったことのないタイプの女性に出会い、ひと目ですっかり惹かれてしまう。いったい彼女は何者?リン・ケンダルはコミュニティ教会の牧師。休暇中にすてきな男性トムと出会い、たちまち恋に落ちた。でも、わたしの職業を知ると、どんな男性でも身を引いていく。わたしだって人を好きになる。恋をしたい。結婚もしたいの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アボット,ローラ
ヴァージニア州生まれ。二人の弟を引き連れて、おてんば娘としてのどかな子供時代を送った。教師という天職に恵まれ、小学校教師の仕事のすべてを愛して二十五年間教壇に立ち続ける。この間に結婚、三人の子供を引き取って離婚。さらに再婚して全部で五人の子の母となり、現在では十三人の孫もいる。ロマンス小説家としてのデビューは1996年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

日だまりを歩けば (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“テレビで見るよりずつとすてきだわ”天気予報キャスターのローレンは初めて会ったサムに胸が高鳴った。彼は彼女が所属するテレビ局と熾烈な視聴率争いをしているライバル局の看板天気予報キャスターだ。サムには独特の魅力があって、ここミネアポリスのツインシティズでは抜群の人気がある。ローレンは毎日ビデオで彼の番組を見て研究しながらも、いつの間にか視聴者と同じくサム自身に見とれてしまう始末だった。2年前に妻を亡くし3人の子供がいる彼も同じ思いだったらしく、ふたりは急接近していく。だが、愛が深まるとともにローレンの心は沈んでいった。彼女にはどうしてもよい母親になれないわけがあった。

ふたりの渚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
暗い路上を照らすヘッドライト―かすかな接触音―道端に横たわる子供の姿…。“まさか!”アンジェラ・カラザースの体を恐怖が貫き、一瞬夫と娘を同時に失った三年前の記憶が脳裏をよぎる。子供をかつぎこんだ病院で彼女は医師パトリックと出会い、ふたりの仲は急に深まっていった。だが、アンジェラはどうしても三年前の事故を打ち明けられない。彼のほうにも語れない過去があるという。ふたりはお互いの心の秘密を前にして立ちすくむ。愛をつなぎとめておくためにはすべてを打ち明けることだが、人には永遠に心の底に閉じこめておきたいこともある。アンジェラはしだいに狂気の渕へと歩んでいった。

テサ・悲しみのマドンナ―リバーベンドの遺産〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幸薄い少女時代を送ったテサだが、働きながら夜学に通い、もうすぐ念願の卒業というところで、ふと知り合った野球選手にすっかり心を奪われてしまった。ロサンゼルスまで彼を追っていき、あげくの果てに妊娠。結局その彼には去られた。今、大きなおなかをかかえ、財布はほとんどからっぽ。古い車で夜も眠らず大陸を横断しているところだ。一人だけの姉が住む東部の町に戻ろうとしているのだ。これからは衝動的なことは決してしない。この子と二人生きていく。だが、中部のハイウェイからそれた目印もないところで、疲れすぎたテサは道に迷い、途方に暮れた。たまたま道を教えた男性ミッチは、彼女の様子がひどく気になった。

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

ooo台東クラブooo 千葉県の民俗・風俗ooo 巣鴨で散策!ooo 千葉の事。ooo 山手線で行く!Libraryooo Rest for a momentooo リネージュIIクロニクル5ooo 花ざかり千葉ooo ぎょうざ@千葉ooo 巣鴨で散策!ooo ビジネス.コレクションooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo 葛飾区を知れ!ooo 千葉の酒蔵ooo 墨田区紀行ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 千葉の水のおはなし.COMooo 上野情報.comooo ハロー!江東区!ooo 新型インフルエンザマスクooo