ハーレクイン・スーパー・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

笑って、ケリー (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いまは着陸のことだけ考えるのよ。人里離れた道端でひき逃げにあって倒れていた少女の命はいまや風前のともしびだ。気持ちを集中して病院の庭に機体を下ろす。エンジンを切る前に、危険なヘリの翼の下に入ってくる男がいる。規則を知らない新顔にかっとなったケリーだったが、少女に優しく語りかけるその姿になんとか怒りをしずめた。その男ダン・ブレナンは、救急センター員ではなかった。新任の副院長、そして、ケリーたち救急ヘリコプター隊のあらさがしをするために雇われたお目付役というふれこみだ。仕事を奪われるわけにはいかないわ。心を閉ざさなくてはだめ。そう、たとえ心ひかれる相手であっても…。

内容(「MARC」データベースより)
新任の副院長ダン・ブレナンは、ケリーたち救急ヘリコプター隊のあらさがしをするために雇われたお目付役というふれこみだ。仕事を奪われるわけにはいかないわ。心を閉ざさなくてはだめ。そう、たとえ心ひかれる相手であっても…。

サバンナは呼ぶ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケニヤ。十四歳までを過ごし、こよなく愛した地。そして大きな悲しみをかかえて去ることになった、今では思い出したくないわたしの故郷―。ケイトと四つ年上のアレックスとは、ケニヤでのびのびと育った。ふたりの父親どうしも仲が良く、ともに野生動物に生態を研究していた。思春期を迎え、互いに新たな感情を抱きはじめたふたりを、ある日突然、悲報が襲う。ふたりの父親が、野生動物に無惨な殺され方をしてしまったのだ。しあわせの大地は、悲しみの地に変わってしまった。ケイトはケニヤを去り、アメリカにもどった。あれから十三年。今また運命が、彼女をケニヤへ、そしてアレックスのもとへ引きもどそうとしている…。

緑の館 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
会計士のモニカは7年ぶりに故郷のギレスピーに戻ってきた。亡くなった大伯母の遺産を相続するためだ。それは百年前の家並みを復元しようとしているサットン街に立つ、いわくつきの“家”だった。まだ修復中で、相続人には完成させる義務があるという。彼女はその家を見てがっかりしてしまった。まるでデコレーションケーキのようにけばけばしく、悪趣味な緑色の壁ひとつ塗り替えるのにも許可がいるらしい。そのうえ売りに出すこともできないというのだ。モニカは、サットン街史跡協会の会長である若い弁護士に会うことにした。「まあ、ドルー。あなただったの」彼は家が隣同士だった幼なじみで昔から憧れていた男性だ。思いがけない再会にモニカの胸は高鳴った。

夜よ、静かに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ご主人は自殺されたのです、奥さん」警官はシェリーに言った。うそよ、わたしたちはあんなに愛しあっていたのに。今日だって夫はわざわざ会社に電話してきて“愛しているよ”とささやいたばかりではないか。その夫がわたしを残して自殺するなんて―夫に自殺された妻―毎日ともに生活しながら人知れず苦しんでいた夫に気づかなかった妻は、この先どう生きていけばいいのか?ある日夫の親友でエリックと名乗る男から電話があった。夫に親友がいた話などシェリーは聞いたこともない。彼女は会いたいという男を無視して傷心を癒すために旅立つ。ところが、旅先にまで彼から電話がかかってきた…。

ラブ・チャイルド (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
自動車事故で夫を失い、今も後遺症に悩む息子を拘えたジェシカは生活保護を受けている売れない画家だ。画商からは成功するために個展を開くように言われてるが、作品をそろえるには1年は絵に専念しなければならない。そんなとき代理母紹介業を営む親友から耳よりな話を聞いた。ある男が大金で代理出産してくれる女性を探しているという。ふつうは子供のいない夫婦が代理母を求めるのだが、彼は独身で大金持、たんに跡継ぎがほしいだけなのだ。ジェシカは前後の見境もなくその話にとびついた。依頼主のチェイスは牧場主で堂々としたハンサムな男だった。「なぜきみはぼくの子供を産もうというんだ、金かい?」「あなたの魅力のせいでないことはたしかです」そう答えながらも彼の男らしさに圧倒されかすかな不安を覚えた…。

紅薔薇と白雪姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
コミュニティスクールの犯罪学のクラス―それはハイジの目的にぴったりだった。ただ一つ予想外だったのは、担当するのが引退した刑事ではなく、長身でたくましい現職刑事ギデオンだったことだ。そのクラスはミステリー作家の卵たち向けのものだと知り、ハイジは親友の冤罪事件を小説の“あらすじ”として発表し、ギデオンの注意を引いて再捜査に協力してもらおうと企てた。そして彼女の作戦は成功した。彼がすぐに“あらすじ”のことで話があると言ってきたのだ。これで親友を救えるかもしれない、とハイジは胸を高鳴らせた。その胸にある別のときめきは、今は無視して…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋に揺られて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ペトラは愛を恐れていた。十六歳で両親を失い、もろくも崩れた家庭の幸福。臆病な彼女にあきたらず去っていった野心家の恋人たち。そのたびに“あしたになったら考えよう”と殻に閉じこもってきた。悲しみをたたえたペトラの瞳がダンの心を貫いた。ダンのグリーンの瞳も激しく彼女を揺さぶる。だが、愛はどうして人を傷つけずにはおかないのだろう?心を許したら負けだ。ペトラはおびえ、ペトラは逃げる。心の古傷が叫び声をあげた―もうこれ以上、悲しみには耐えられない、と。同時にもうひとつの叫びがペトラを突き動かす。“いつまでも心を閉ざしたままでは生きていけない”

恋人がくれた翼―シェルター・バリー物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トーリーは姉の名で、姉の身分で生きるしかなかった。何年も、暴力をふるう元夫から逃げ続けているトーリーにとって、事故死した姉になりすますことは、唯一残された道だったのだ。新しい人生を始めた町で少しずつ癒されていった彼女は、やがて誠実で優しいベンという男性と恋に落ちた。そして、離れて暮らすベンの幼い娘が虐待を受けていると知り、ベンが親権を得やすいようにと、身を偽ったまま便宜結婚までしてしまう。幼い子の痛みを心から理解できるのは、かつて継父から虐待を受けていたわたしだけ。トーリーはベンの娘のために結婚したと自分に言い聞かせたが、ベンへの愛は本物だと知っていた。しかし、真実は言えない。元夫の手が刻々と迫っているのだから。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作のあと、単行本も執筆している。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ラッキーボーイの憂鬱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ストレス・ジャンキー―人間チェルノブイリ―。陰でさまざまに噂される仕事中毒のバージニア。彼女は今度の仕事にも燃えていた。あるデザイナーズブランドのジーンズの売り出しに成功すれば、彼女の大きな野心が満たされるのだ。しかし、期限が迫るのにかんじんの男性モデルが見つからない。トップモデルのポートレートも見つくし、困り果てた彼女だったが、食事に出かけたレストランで思いがけなくそのモデルを見つけた。ラッキーボーイの名はJ・D。ミシシッピーで綿摘みをしていたが、都会で成功した―はずだった―いとこを頼ってつい最近やって来て、今はそのレストランで皿洗いをしているらしい。彼はわたしの夢への鍵だわ!

内容(「MARC」データベースより)
あるデザイナーズブランドのジーンズの売り出しをまかされたバージニア。しかし、肝心の男性モデルが見つからない。トップモデルのポートレートも見つくし、困り果てた彼女は、レストランで思いがけなくモデルにピッタリの男性を見つける…。

裸足の令嬢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
自分が死んだと見せかける“死亡事故”を作り上げるため、大富豪の娘イザベルは、崖から自分の車を落とした。異常なまでに彼女に執着する元夫の脅しや、彼女を裏切り、元夫に味方する家族たちから逃げたかったのだ。あとは誰にも知られず国を出るだけ。それなのに…。お金もパスポートもIDカードも、全部なくしてしまうなんて!行き場を失い、追いつめられたイザベルは、命をつなぐため農家に忍び込んだ。そしてその家の主ダンに捕まってしまう。事情を聞いたダンは契約結婚を切り出した。家事さえすれば新しい名前を与えようという。逃亡中のイザベルに、それはあまりに魅力的で危険な誘いだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダルトン,マーゴット
RITA賞受賞作家。94年に日本でも刊行された『私という名の他人』は、アメリカでTVドラマ化され反響を呼んだ。その後も数多くのスーパーロマンス作品や単行本を中心に活躍。生まれはカナダ、アルバータ州の大草原(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [美容外科] [ハロー!江東区!] [台東クラブ] [GOGO!江戸川区!] [墨田区紀行] [電子たばこ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [アキバ中毒のページ] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [東京ぶらぶら] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行]

oooコーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo IIS設定備忘録ooo 板橋LOVEooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 神奈川いいとこじゃん!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ぎょうざ@千葉ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo ~品川の街~ooo 千葉県の民俗・風俗ooo 台東クラブooo 墨田区紀行ooo ビジネス.コレクションooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo